スタッフブログTop>遠隔医療システム

遠隔医療システム

今、 市町村合併に伴う医療圏の拡大や、高齢化の進行で

在宅医療が増えています。

往診に回るお医者さんや、通院する患者さんの負担をどう軽減するかが

課題となっていたのですが、

3月から自宅にいる患者を病院で診察する遠隔医療システムを

富山県の病院で実用化されるようです。

患者宅のベッドや枕に取り付けたセンサーで呼吸や心拍、血圧、体温などを

病院が把握し、テレビ電話でやりとりして随時観察できるので

かなり医者も患者も負担が軽減されます。

富山県に限らず全国的に広がっていってもらいたいと思いました。

ただ高齢者は機械に弱い方も多いかと思うので

その辺のサポートもしっかり出来ていないと命にかかわる事なので

大丈夫なのかなと少し不安にもなりました。

 

 

 

 

« プロジェクター | メイン | ホスピス医の書いた本 »