お電話お待ちしております。
03-5283-7651
MENU

社員ブログ

スタッフブログTop>ホスピス医の書いた本

ホスピス医の書いた本

ホスピスとは治る見込みのない末期癌等の患者の苦痛や死の恐怖を和らげ、

尊厳を保ちながら最期を迎えるケアという意味です。

昨年、ホスピス医として働く方の本がベストセラーとなりました。

そこには死ぬときに後悔することが25個取り上げられていました。

例えば、「仕事が忙しくて健康診断を受けていなかった。

気づいた時には手遅れだった。

あの時健康診断を受けていれば。」

その他にも「会いたい人に会わなかったこと」

「他人に優しくしなかったこと」

「子供を生まなかったこと」

人生が終わる瞬間は後悔なく終わりたいものです。

末期の患者さんの一つ一つの後悔が私には今やっておこうよと

問いかけているような気がしました。

もちろん仕事でも同じ事でいつでもいいではなくて

やれる時にやっておこうという気持が大切です。

 

 

 

 

« 遠隔医療システム | メイン | 呼称 »