スタッフブログTop>医師不足と特別講座

医師不足と特別講座

宮城県では医学部合格者を増やそうと

医師を志す高校生支援事業に乗り出しました。

 

生徒の費用負担はなく、進学意欲を高める為に

医学部を目指す公立高校を対象に行われたようです。

 

同件の人口10万人あたりの医師数は218.2人と医師不足が深刻です。

この講座に参加した生徒は

「医師になりたい思いが強くなった」と答えていました。

 

講義の内容は、医療問題に関する講演と医学部で出題が多い小論文の指導、

毎日6時間の数学や物理、化学の入試問題に朝鮮しました。

また、AEDを使った救命医療の模擬体験を行ったりもしました。

 

こういった取り組みによって狭き門の医師への道が

開けてくるといいなと思います。

 

私の行きつけの内科の先生は本当に親身に話を聞いてくれて

頼りになる地元の名医で評判です。

その息子さんも将来お父さんのような医者になると

お勉強中なので今後の活躍が楽しみです。

« ベテラン営業さんの悩み | メイン | 携帯の着信音 »