お電話お待ちしております。
03-5283-7651
MENU

社員ブログ

スタッフブログTop>米検索ネット市場

米検索ネット市場

8月の米インターネット検索市場のシェアで

マイクロソフトの検索システム「ビング」が

13.9%という市場占有率でついに米ヤフーの13.1%を

抜いて初の2位になったとの事です。

 

首位はグーグルでシェアは65.1%と他社を圧倒しています。

私が初めてまともにパソコンを触った時は今から18年程前なのですが、

そこ頃はヤフーが断トツだったと記憶しています。

未だに私はヤフーで検索する事が多いです。

日本でのシェアの割合はまだまだ大きいと思います。

 

マイクロソフトのビングとは2009年6月から始まったのですが、

どんなものかというと、グーグルのようにただ単に

検索語にマッチしたサイトを並べるのではなく、

ビングではショッピングや地域情報など、キーワードに関連した情報を

ユーザーが使いやすいように表示してくれるのです。

例えばユーザーが入力した検索キーワードから、

どんな情報を必要としているかを判断し、

情報を整理して表示してくれます。

 

どちらかというとヤフーに近いそうです。

 

この短期間で米ヤフーを抜いている時点で

どんどんシェアは広まりそうな予感がします。

« 人気の高いベリーダンス | メイン | 心を動かす格言 »