スタッフブログTop>昼休みを短くして活性化を計る

昼休みを短くして活性化を計る

東京証券取引所では以前から昼休みを30分短縮する話が出ていましたが、

今回正式に発表されました。

午前の終了時間を11時から11時半に延長する証券市場の強化策です。

 

東証の昼休みをめぐっては、欧米の主要取引所に合わせて

廃止を求める意見もありましたが、証券業界の一部で反対が根強く、

時間を短縮することでようやく決着したようです。

今後については社長いわく、「夜間取引時間の拡大を検討していきたい」

としています。

 

実際、取引時間が延びて活性化されるのでしょうか。

夜間の取引が可能になった時もあまり変化はなかったようです。

いっその事24時間にしてしまった方が効果が期待できそうな予感。

 

« 人は見かけによらず | メイン | 上に立つという事 »