スタッフブログTop>しつけと暴力との区別

しつけと暴力との区別

よくニュースから子供を虐待で死亡させてしまった親から

「しつけのつもりだった」という言葉を耳にします。

しつけをするのに力は必要でしょうか?

 

私も過去に1度強く子供を頬を叩いた事はありますが、

あの時ほど自分自身も傷ついた事はありません。

赤くなった頬と子供の悲しい目を今でも忘れられず

二度と叩くまいと決めました。

 

しつけは難しいですが、口で注意して教えてあげれば

おのずと分かってくるのではないでしょうか。

 

よっぽどひどい事をしでかした時は多少の親の威厳や強さも

必要かもしれませんが。

 

7歳の男の子が再婚相手の男性と実の母親からしつけとして

手を出して亡くなってしまったという記事を読んで悲しくなりました。

 

--------------------------ビルメンテナンス業 専門ソフトなら ビルメンッ--------------------------

 

 

« 上に立つという事 | メイン | 目が見えるようになって苦労する事 »