お電話お待ちしております。
03-5283-7651
MENU

社員ブログ

スタッフブログTop>手術を受ける前に考えてみましょう

手術を受ける前に考えてみましょう

視覚というのは人間の生活において重要な感覚です。
近年はパソコンなどの普及により、視力が落ちている人が増加しており、
周りを見渡せば最低だれか一人は眼鏡あるいはコンタクトレンズの
お世話になっているひとはいるかと思います。

レーシック手術というのは視力回復のための手術の一種です。
物を見る重要な角膜という部分を矯正することにより
元の視力に近づけるもので
主に近視、といって遠くのものが見えづらくなる症状の人に
使われています。

所が、近年、このレーシックについての被害がでているということで
消費者庁が呼びかけをしています。
例としては視界に光がにじむようになったりする遠視の症状や
手術によってドライアイなどの合併症を起こしてしまうケースも報告されています。

消費者庁では手術を受ける前は医療機関から説明を受けることなど
また、被害にかんしての相談窓口を設けて相談を受け付けているということです。

筆者は幸いにもこの年になってもまだ視力が衰えることはなく、
裸眼で対応ができていますが、
やはりコンタクトなどを使っている方は手入れが大変なようです。
なので手術を受けて眼鏡もコンタクトも使わなくなるのであれば
そうしたいところなのでしょう。

どんなものにもメリットやデメリットがあるのは承知の上ですが
網膜はく離のように、早く処置をしないと失明する危険があるというものは
別として視覚という感覚の一つにメスを入れるという時は
少し考えたほうがよさそうです。





« スマートフォン依存が増えているそうです。 | メイン | 遅くなりましたがあけましておめでとうございます。 »